アクセスランキング

14万円で家が建つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

どうもよよよです

ロイター
イケア、組み立て式難民シェルター初受注

image

image

家、というか難民の為の簡易シェルターですが、中東の気候が厳しい地域でも3年は持つシェルターらしい!

しかも工具いらずで組み立てられて、ソーラーパネルと照明もついている!

これだけついてなんと
お値段1150ドル!

すごいなぁソーラーパネルだけでも1000ドルくらいいってしまいそうだが

断熱は…特殊な材質で出来ていて、昼は直射日光を跳ね返し、夜は熱を中を取り込む仕組みで快適なんだとか

中東は昼夜の寒暖の差が激しいらしいので、今まではテント暮らしだった難民の方は助かるでしょうね!

日本でも需要ありそうですよね。
一般の人間が買えるかは分かりませんが…土地があったら趣味部屋としていいかも

気候の厳しい環境で3年もつなら、日本ではもっと長い時間使えるのではないでしょうか?

他のセミリタイアブロガーでも小屋暮らししている方いますけども、
こういうシェルターがあれば小屋暮らしの敷居が下がるかもしれない

まぁある意味、セミリタイア人間も、社会からあぶれた難民だし…

俺も早く社会からあぶれてぇなぁ
( ´,_ゝ`)

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ほお、こりゃいいですね。
    私は住宅願望が全くないので、テント暮らしでもいいくらいですから。
    今、日本はいい具合に地方の土地の価格が暴落していってますから、タダ同然の土地を買ってこういうのを置くのも手かもしれません。
    交通アクセスの悪さは、通販や自動宅配技術の進歩でデメリットが少なくなったらますますイケそう。
    リタイア後にはそういうシミュレーションもして、実際に遊び半分でやってみたいです。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      僕も住居にこだわりはないので、いろいろ手段を考えたいですね
      飽きたら着の身着のまま引っ越し、なんていうのも楽しそうです

コメントを残す