貯金ばかりするゆとり世代

image

アメーバニュース
「遊ぶより貯金したい」ゆとり世代がせっせとお金を貯める本当のワケ

どうもよよよです

せっせとお金を貯めるゆとり世代が増えているそうです

まったくけしからんですね
若いうちの少ない給料をセコセコ貯めたってしょうがないでしょうに…

社会にお金を回さないのも問題ですが、お金を使って得られる経験を放棄して、面白みのない人生を送ってしまうんじゃないかと心配だなぁぼかぁ(苦笑)

↑みたいな事を言う人ネットで良く見かけます

…そんなもんほっといてくれって話です

こちとら少ない給料でも楽しんで生活しているのです

限られた手札でうまくゲームをプレイしていく事に楽しさを見出している人もいるのです

もちろんそれを
小さくまとまっちゃってw
と笑う人もいるでしょうが、無理に分かり合う必要も無いと思いますね

育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイのです

お互いに「そういう考え方もあるかもね」ぐらいに収めておかないといらぬ騒動を引き起こしてしまいます

僕の場合は少し極端過ぎない?
という意見は甘んじて受けます

だが反省はしない。しないのだ。

バランスファンドに投資しているのに
人生のバランスはとれてないね…

ってやかましいわ

貯金が無かったら無かったで、
だらしねぇなぁと言われるに決まっているので好きにするのが1番いいですね

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ファン1 より:

    今の2,30代が貯金に励んでいるのを見聞するとえらいなぁと言うのと可哀想だなあと言うのとで複雑な気分になるバブル世代です。私が20代の頃は冬はスキーに毎週末行き年一回は海外旅行、ブランドバッグや靴を買いあさり、香水臭のする空港の免税店を闊歩して好い気になってました。今考えると、ばかばかしい無駄遣いでしたが、あれがあったからこそ今は全く物欲なし。なので今の若者が中高年になった時、若い頃の我慢が別の形で爆発しないかなー、とちょっと心配。貯金も良いけど、ストレスは程度に発散しながらやってくださいね。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そんなに豪遊して、しかもセミリタイア済とは…
      スゴイですね(笑)羨ましい限りです。
      僕自身、幼少から家庭が貧乏で、いざ働き始めてもお金の使い方が良く分からなかった、という所はあります

      なので節約自体はそんなに苦ではないのですが、バブル当時の空気がどういうものであったのか体験したかった気持ちはありますね
      ストレス溜めないよう頑張ります。ありがとうございます。

  2. 天寿 より:

    人にもよりますが一つ前の世代のいわゆるバブル世代の人と感覚は違って当たり前だと思います。お金が水のように湧くのであればあるだけ使います。なぜ最近の若者が貯蓄を励むようになったのかは私の持論ですが主に老後のためだと思います。年金制度がほぼ潰れている、インフレで物価が高くなる、給料は上がらないとなれば今後生きていくために必要なお金を蓄えなきゃいけないと考えるのは自然な流れだと思います。年金の支払いが安定していること、医療保険制度などがしっかりしているなど老後の不安がなければ安心してもっとお金は使えるとは思いますが・・・

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そうですね
      僕が貯蓄している理由はセミリタイアですが
      他の若い世代の方の理由は、将来への漠然とした不安だと思います
      本当に漠然としているので、いくら貯めたら安心かも分からず、やりたいことがあってもとりあえず貯めとこう、となるのでしょうね

  3. 私も若い時から財布の紐が堅く、余計な出費をしませんでしたが、ゆるい人はそれはそれで頼もしく見てました。
    その人なりにお好きにどうぞですね。
    ただ、それでも旅行だけは、特に海外で色んな人と出会うのだけは若い人にはやって欲しいと思っています。
    しかもカネをかけないバックパッカーでいいので。
    あの経験はやはりプラスになっているし、年とってからさあやるかといっても出来ないですから。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      旅行ですか
      時間はたっぷりあるでしょうから、セミリタイアしてからにしようかなーと考えていたのですが…
      確かに若い感性のうちのほうがいいと聞きます

      人と触れ合う目的ならバックパッカーのほうがむしろいいのでしょうね
      以前ツアーで海外旅行行ったんですが、
      苦労はないぶん、受け身な感じでしたから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。