究極の選択を迫られた

どうもよよよです

今週は明日有給取ったので今日で仕事終わりっ!

はー今週は倉庫作業で疲れた

もちろん腰はぶっ壊れた

自分で買うのもったいないので、会社の医務室から湿布をパクって貼りながら仕事していたんだけど

メチャ身体動かして仕事してるから湿布貼ったところに汗が溜まって、あせもができてめちゃかゆくなった

あせもが出来ても湿布を貼るか、腰痛を我慢して湿布を貼らないか?
究極の選択を迫られた

僕は第三の選択、あせもが引いてから腰痛用塗り薬を塗ることで事なきを得た
レジェンド・オブ・クレバー
みんな、あせもが出来たら湿布の使用は控えよう。よよよとの約束だ!

だが塗り薬は医務室には置いてなかった
病院に行く暇もなかったから市販のを買うしかなかった
痛い出費だ…
俺のために置いとけと、今度総務に言ってやろうか
いや、でも他人が使った塗り薬とか使いたくないな…

あーあ、小さい頃からの持病だから完全には治らないとは思うけど、願うならいつか治したいな
鍼治療ってどうなんだろう
実は怖くて行ったことがない
効くのかな…
先端恐怖症とまではいかないけど、鍼治療だけでなく注射でもかなりの恐怖を感じるので一生自分の意思では行かないと思う

今度健康診断で採血されるんだよなあ
注射いやだなぁやりたくないなぁ
誰か代わりによよよ名義でやってくれないかなぁ

もしくは麻酔かけて腕だけ俺から見えないようにして知らないあいだに採血して欲しい
あっ、でも麻酔かける時も注射しなくちゃいけないのか
じゃあ、麻酔が痛くない麻酔をしてほしい
服を買いに行く服がないみたいな話だな

あとは、大量の蚊がいるボックスに入って数分ジッとしてから、血を吸った蚊を回収するとか

…想像したらゾッとした

さすがに注射のほうがいいな

有り得ないのは分かってるんだけど、「中で針が折れたりしたらどうしよう」とか考えちゃうんだよな

せめて、美女にやって欲しい

「大丈夫。天井のシミを数えてるあいだに終わるわ。」

とか言ってほしい

それ、男が言うやつや!

いや、でもこういうのは技術のある人にやってもらったほうがいいか…

美女か技術か、揺れるよよよ心だった

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。