頑張れ!と自分の美意識を押し付けながらの応援

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事
スポンサーリンク

どうもよよよです

おはよう
みんな

昨日はストレスで泣き腫らしてました

今日は僕の執行日(仕事始め)だ

今までありがとう
父よ母よその他大勢よ

楽しかったよ…そこそこね

ほんと、何度経験しても休みはあっという間に過ぎ去って、この仕事前の瞬間に戻ってきてしまう

せめて、仕事も同じ体感スピードで過ぎてくれればいいのに

先日、僕の学歴コンプが爆発する事件が勃発しました

酒を買いに行ったら、ある棚に受験生を応援する商品が寄せ集められていた

商品名をもじって「天ぷらうどん」が「点プラスうどん」になっていたり…
キットカットなんかもいい例ですね

ご存知のとおり僕は高卒なのでよく知らないのですが大学受験って全員の点数が良ければ全員受かるものなんですか?

そうでなければ、特定個人を応援するならともかく受験生全体を応援してもなんの意味もないと思うのですが

どんなに頑張っても蹴落とされる人間はいる
それをはたから見てるだけの人間が、頑張れ!と自分の美意識を押し付けながらの応援

みんな一等賞のゆとり教育じゃないんだから、とんだ茶番ですよね

まぁそれはおいといて…そんな茶番商品がたくさん出るということは、世のメインストリームは大卒者なのだと改めて気付かされます

ドラマやアニメ、小説映画でもなんでもいいですが、
受験や大卒就職が題に掲げられることはあっても
高卒就職がメインに据えられた作品って前者と比べて圧倒的に少ないように思います

俺は一般的な普通のサラリーマンだぜ!という出だしの登場人物がいたとして、まずそいつは間違いなく大卒ですからね
あるいは、俺はダメサラリーマンだ…という出だしの登場人物がさらっと大卒だったりする

じゃあそれ以下の待遇で働いてる俺はなんなの?ゴミなの?それともクズ?

結局ね、そういうところなんです
「社会に出たら学歴なんて関係ないよ」
これ、みんな言います
でもみんな心のふかーい部分で低学歴をバカにして見下してるんですよ

そこで違うと言われても、あなたは上記の茶番商品などのことがらになんの疑問も抱かずに生きて来たでしょう?
それが深い部分でバカにして見下してる、ということなんです

そうしたメディアや企業が大卒者の人生がメインストリームだと位置づけることで、
サブリミナル効果のように印象づけられたまだ視野が狭いアホな若者たちは「普通のレールから外れてはマズイ」となにも考えず大学への道を歩む

あらゆる道があるのだと指し示すのが大人の役目でしょう

受験生を応援する商品のうちの半分は、高卒就職を応援する商品にして
童貞高卒社会人がガッキーと恋をするドラマをつくる、そういうところから始めていきましょう

むしろ大卒なんてコスパ悪すぎ!という風潮を作ってもいいくらいです
それでも勉強したいというやる気のある人だけ、行けばよろしい

ゆっくりとより良い社会を作っていきましょうね

…ふー、すいませんね
新年から学歴コンプが発揮されてしまいました

では、大卒者様がメインストリームの社会に貢献するため、クズの高卒のわたくしめも誠心誠意働かせていただきますよ
ハハハ…

ガッキーも高卒出勤…

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。