塀の中と外、どっちが罪に服しているんだ

どうもよよよです

刑務所受刑者の勤労意欲を醸成する目的で行われている刑務作業の時間が、一般的な労働時間とされる1日8時間に達していない。出所者を雇う企業から「労働に耐えられる集中力がない」などの意見が寄せられたことを受け、法務省は全国8刑務所の約600人を対象に「8時間労働」を試験導入。受刑者には意外に好評だが、刑務所内の運営の問題もあり、定着には時間がかかりそうだ。

受刑者の労働 楽すぎ? 出所者雇う企業から批判 1日7時間、休日も多く – 西日本新聞

世の中で労働基準法をバッチリ守ってるのって刑務所内の仕事である刑務作業ぐらいじゃないのかな?

なんたる皮肉じゃあ

どっちが塀の外なんじゃあ

うーん、7時間も働いたら十分じゃないのかなぁ…

どう思います?

僕は7時間も働いて、楽すぎ!ということはないと思います
みんな麻痺してるだけです…

出所者を雇う会社が労働に耐えられる集中力がない、と言ってるみたいだけど

刑務作業が7時間から8時間になったところで関係あるかなぁ?
まぁ要は、出所後はそれに加えて残業もあるからってことでしょ

つまり

残業に耐えられるように鍛えておけよ!

娑婆の仕事はそんなもんじゃねぇからな!

ということを言いたいのでしょうか

なんだかなぁ…

厳しすぎないか娑婆

マジで塀の中と外どっちが罪に服しているんだ

しかし、信じられないのが

受刑者には意外に好評

の部分

受刑者ってもっと働きたいのか?

ずっと牢の中にいると、働きたくなるのかな…

確か、刑務作業するとちょっとだけお小遣いみたいなの貰えるんですよね

売店でお菓子とか新聞とか買えるんでしょう?

それ目当てかな

衣食住、病院代とかはタダですから、総合的に見ると悪くないかもしれませんね

だが、全面導入となれば刑務官の勤務時間が延び、残業代がかさむという課題も。法務省の担当者は「慎重に検討した上で、拡充も考えたい」としている。

ハハハ、そりゃ監視する側はさらに勤務時間延びるに決まってますよね

公務員の残業代がかさめば、税金とられて娑婆の人間は生活のためにさらに長時間労働強いられると

そして、出所後の辛い労働に慣れるために刑務作業の時間を長くして…

ヤベェ負の連鎖ね

ずっと塀の中にいたいと思う奴が出てきても不思議じゃない
やーい、お前のとーちゃん犯罪者よりひどい労働環境~w

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. snufkin より:

    囚人は「人」ですが、社畜は「動物」ですからね。
    刑務所が一番のホワイト企業なんて、この世界は救いようがなさ過ぎますね(笑)
    満員電車はないし、食事もゆっくり、睡眠も取れるし、どちらが人間らしいのでしょうか。

    娑婆の方が罰ゲームのようです。

    一刻も早く、社畜から脱獄せねば・・・。

    • jinseiyoyoyo より:

      刑務所は季節ごとにおせちがでたりケーキがでたりするそうですね
      僕はこの数年どちらもほとんど食べてません…

  2. 匿名 より:

    日本自体が監獄みたいなものでしょう
    天皇ですら退位したくてもさせてもらえない国ですぜ

    • jinseiyoyoyo より:

      なんかニュースで言ってましたねぇ
      生まれたときから生き方を決められるってどんな気持ちなんでしょうか
      僕なんかには想像もできません

  3. 犯罪を犯す気はないですけど、一回体験入所してみたいです。

    • jinseiyoyoyo より:

      以前NASAで二週間おなじ部屋にいるだけでお金もらえる実験の募集がありましたよ
      似たようなもんじゃないですか
      まぁ二週間は長いか…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。