アクセスランキング

社畜圧に負けるな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

どうもよよよです
昨日は夜10時まで残業させられました(激おこぷんぷん丸)
はぁもうクタクタです…

スウェーデンで1日6時間労働がスタンダードになろうとしている、その理由とは?


irorio

まったく羨ましい話です

僕は自分の人生を労働にうばわれたくないからセミリタイアを目指していますが、

そもそも労働が僕の人生を奪うほどの社畜圧をかけてこなければ

セミリタイアをしなくても幸せになれるかもしれませんよね

CEOのLinus Feldt氏はFast Companyの取材に対し「8時間労働は人々が考えるほど効率的ではありません。8時間も仕事に集中し続けるのは、非常に困難です。しかも仕事の後にプライベートな時間をやりくりするのが、とても難しくなっています」と語っている。

その通りだと思います

うちの会社もとにかく人件費削減で今いる従業員を長時間残業させることで、なんとか職場としての体裁を保っています


しかし、あくまで保っているだけでその先を求めることが出来ず、ジリ貧になっています

従業員は疲れ果て、モチベーションを失い、仕事の効率もへったくれもありません

そこへ行くと六時間労働と言うのは素晴らしい

六時間ならプライベートも充実です

正直、六時間なら昼休みもいりません

早く帰りたいですからね

8時始まりの14時終わりで手を打ちましょう

14時半には家に帰ってきて…そこからは自由時間!

毎日10時間くらいネトゲができそうです

ワオ!こんな素晴らしいことってあるか!?
労働時間六時間のためだったら頑張って仕事も終わらそうとするでしょうね
…でも、結局こういうのもクリエイターとか創造的な仕事だけが対象で僕みたいな作業工は蚊帳の外なんでしょうね
一時間手を動かさなければその分数量が減るだけで、僕がいくら努力や創造力を駆使してもそれを覆すのは容易ではないでしょう
正社員という枠組みには入ってますが、結局バイトと同じ、時間で働いてるようなもんです
企業からの強大な社畜圧に耐えられない哀れな僕は、会社から逃げてセミリタイアをするしか社畜圧から逃れる方法はないと思います…

頑張ります…
ちなみに社畜圧は僕が考えた言葉なので、よそで使う時には僕の許可が必要です

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. SARAH☆ より:

    商標登録しないとね(^_-)-☆

    • jinseiyoyoyo より:

      あっそうですね
      誰かが社畜圧を使うたびに僕にいくらか入る仕組みにしたいです
      そもそも社畜は誰かが作った造語だと言う批判は右から左です

  2. ゆ~てい より:

    社畜圧とはまたナイスなネーミングです。

    そもそも人の集中力には限界があるので、8時間を常に最高効率で作業するのは、ロボットじゃない限り難しいでしょうね。
    私の場合は午前1時間、午後1時間だけ集中して、あとの時間は流しでやってます笑

    • jinseiyoyoyo より:

      準備だけしっかりとやれば後はルーチンワークの仕事も多いですよね
      最近はほとんどの仕事がルーチンな気がしてます

コメントを残す