アクセスランキング

君の社は。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

どうもよよよです
ブラックな企業で働いている人ほど、自分の会社はホワイトだと思っているそうです
社内では「この会社についてネットで書かれていることは全部ウソ。競走相手が業者を雇って書かせているんだよ」と教育しているんだとか

…なんだか以前アムウェ○にハマった友人が同じようなことを言っていましたね

「誰が書いたか分からないネットの書き込みより友達の俺が言うことを信じろよ!」と…

勧誘がしつこかったので、もうその友人とは縁は切りましたが(^^;

そうして人が離れていけば目が覚めていきそうなものですが、逆に孤独になることで「オレにはここしかないんだ」と思うようになるそうです

ブラック企業も同じかもしれませんね

社畜体質の人と世間との仕事に関する価値観の違いの大きさが疎外感を生み

そこへブラック企業が、やりがいだの夢だの耳ざわりのいいことを言って取り込まれる

そうなったらなかなか抜け出せないでしょうね
世の映画監督には青春アニメよりアンチブラック企業のアニメ映画でも作って世の中の社畜の目を覚まさせて欲しいですね
ちょっとプロット考えたので聞いてください

ホワイト企業に勤める主人公(30歳)はある日突然、同年齢のブラック企業社畜と精神が入れ替わってしまい、

ホワイトの恵まれた環境から一変、サビ残や辛い仕事に打ちのめされながらも上司からの熱い教育(洗脳)、同僚との絆(同調圧力)によって愛社精神に目覚めていくヒューマンストーリー

「君の社は。」

という感じで。

ちなみにホワイト企業に勤めることになった元ブラック社畜はホワイトの環境に馴染めず鬱になってしまいます

働くとは?人生とは?

新たな環境に直面し、どのように人の心情が変化していくかが作品のポイントになります

あれ?でも、これじゃブラック企業賛歌の映画になりそうですね。

まぁ世の中ブラックばかりなので共感という意味では売り上げとしてはこっちの方がいけるかな?

映画化の際は原作よよよでお願いします。

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    君の社は。素晴らしいですね。

    続編ではブラックとブラックが入れ替わり2人とも鬱というリアルな感じでもお願いしたいのですが、いかがでしょうか?

    • jinseiyoyoyo より:

      それはブラックのみが延々と描写される凄惨な映画になりそうですね
      でも人の身体だからと好き勝手できていいかもしれません

  2. 匿名 より:

    よくまあ毎日 会社の恨みつらみ言えるねえ。感心する。
    でもさ、大企業も大変みたいよ。
    こないだも直属の上司が脳内出血であっという間に死んじゃった ってうちのオットセイ言ってた。
    定年まであと数年…だったんだって。その人の人生、なんだったんだってなるよね。
    さっさとセミリタイアしたもん勝ちだねー

    • ファン1 より:

      上記はファン1です。

    • jinseiyoyoyo より:

      仕事のみに生きる人生ですか
      よほど好きじゃないと後悔しそうですね
      僕も夜勤やってるので寿命は短いでしょうからさっさと辞めて自分の人生を生きたいですね

  3. 匿名 より:

    タイトルで笑ったわw

コメントを残す