給料が「我慢料」だけの仕事なんてするべきじゃない

どうもよよよです

はー今週も辛い
仕事が忙しくなり激しく作業してると翌日に筋肉痛が来るようになってしまった
筋肉痛をかばいながら仕事すると、別の身体の場所に負担がかかり筋肉痛になる
ボロボロや…
もう働きたくないなぁ
一ヶ月くらいドカッと休みてぇよ

仕事は基本的につまらないものですよね
やってて面白いことだったら給料なんて払われなくても、誰かがやってしまうので仕事ととして成り立ちませんしね

あくまで僕ができるレベルの仕事の話ですが、お金払われなきゃ誰もやんないことを仕事というわけですね

もうちょっと上のレベルの話だと、
やりたい人はたくさんいるけれど、できる人が少ないから仕事として成り立つ、そんな専門職な仕事をしている人は仕事をしてて楽しい!という人もいるでしょうね

スキルがある人なら「技術料」をもらうこともできるけど、僕のようなスキルがない人間は、「我慢料」としてお給料をもらうしかないわけだ

そりゃ楽しくないわけですよ
給料にうちに占める割合が10割「我慢料」だもん
どう転んだって楽しいわけがない
給料のうち2割でも3割でも「技術料」が含まれる仕事ならやりがいも見つけられるかもしれないけど10割じゃなぁ

工場で働くと、なんにもスキルつかないから他で仕事を探そうとしてもライン工などの低熟練スキルの仕事にしかつけない、そういう底辺ループがあるよね
「自動車絶望工場」にもそういうことが書いてあったが…

そうして、いい歳してなんにもできないおじさんが誕生するわけだな
僕もそうなりつつある…

「我慢料」だけの仕事なんてするべきじゃないんだろうな
わかってはいるけど抜け出すのは難しい…

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。