「少額からコツコツ貯蓄」のウソ

どうもよよよです

先日、若者向けマネーコラムを読んでいたら、「無理をすると続かないので最初は少額からコツコツ貯蓄しましょう」と書いてありました

なぜ、そんなウソをつくのか理解できません

貯蓄に限らず、万事物事は1から100にするよりもゼロから1にするほうが大変だ、というのは皆さんもよくご存知だと思います
最初の一歩が一番大変なのです

そして少額からコツコツ!などと言ってダラダラと最初の小目標までの期間を長くすることは「一番辛いゼロから1」の期間をいたずらに長くしていることに他になりません

そんな方法を提案するファイナンシャルプランナーは若者に貯蓄をして欲しくないのでしょうか?
まぁファイナンシャルプランナーなんて世の中に貧困家庭が増えるほど客が増える商売でしょうからしょうがないかもしれませんが…
まったくなげかわしいことです

そこでわたくしことよよよがオススメする方法は、
最初こそ無理をして多めに積み立てる!
です

成功体験というのはなによりも強い行動理由になります
まずは多少の痛みを抱えてでも100万円でも200万円でも、自身が納得できる小目標を早めに達成する
そうして自分の脳に成功体験という快楽を刻みつけるのです

それまで貯蓄できなかった人は、買い物、趣味、なにかしらの中毒性のあるカネがかかる行動から抜け出せないでいるのでしょう
人間とは弱いものなので、簡単にはそうしたループから抜け出せません
その代替としてカネが貯まることで快楽を得られるよう自分を矯正するのです
「習慣づけましょうネ」なんてなまっちょろいことでは人の趣向など変わりません
口座の数字が増えることで喜びを得られるように「自分を矯正、自己暗示、洗脳」するのです

そうすればあとは周りに金を使え!と言われても、節約しているので…
と頑なに金を使うことを渋る守銭奴のできあがりです

ぜひ若者世代の皆さんには最初こそ頑張って大きな金額を貯めていってほしいと思います

うーん、僕って次世代のファイナンシャルプランナーとして活躍出来ると思いませんか?

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まいん より:

    少額からコツコツとできる人は、言われなくてもやっていると思う(汗)

    コツコツ何かをやる習慣が出来ていない人には、あんまり効果はないかもしれませんね。

    私は超少額だけどひたすら積立仕事人してます。
    手動で(笑)

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そうですね
      コツコツやれですぐにやれるなら言われなくてもやってるでしょう、と同じく思います
      僕もコツコツ自動で積み立てます
      この前積み立てミスしてしまったので手動のほうがいいのかもしれませんが…
      手動だと続きそうもないんですよねー

  2. 匿名 より:

    山に登る方法は何通りもあるんだよ。
    それに人によってそれぞれの方法に対して得意不得意、向き不向きがあるんだよ。
    だから、対象者によって最適な方法を提案するのがプロの仕事であって、「すべての人に対して俺の方法が一番だ」と思う奴は「井の中の蛙」なんだよ。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      なるほどー
      それじゃあ僕はファイナンシャルプランナーにはなれないですね;;
      大人しく単純作業でセミリタイアを目指すとします…
      貴重な意見ありがとうございました

  3. うちゅー より:

    コツコツ手動で積立貯金中&積立投資中のサラリーマンです。
    いつも記事楽しみにしてます。共感できるところが多いです!笑
    お金があると使っちゃうって人の感覚はよくわからんです。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメント&ブログ読んでいただいてありがとうございます

      使うという行動の優先順位はかなり下方に位置しています
      我々守銭奴は、やった!お金が余った!貯めよう!となりますからね
      我々はコツコツやっていきましょう
      それが近道と信じて…

  4. 最初から全力になるのも悪くないですね。
    楽しみつつ、が続くポイントかなと思います。
    節約自体が楽しくなったらカネを使いたくなくなりますから。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そうですね
      もはや趣味ですから貯蓄は。
      たぶん一生続けていくでしょうね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。