アクセスランキング

安すぎる食品のイジメビジネス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

どうもよよよです

安すぎる納豆、豆腐… 価格競争で起きる“イジメ”ビジネス

1月13日、カレーチェーン「CoCo壱番屋」の冷凍ビーフカツ約4万枚が不正転売されていたことが発覚。異物混入のおそれがあるため廃棄された商品が、廃棄物処理業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)によって横流しされ、愛知県内などのスーパーで一般客に売られていた。

 なぜ、このようなことが起こるのか。

「結局、小売店が業者に値下げ圧力をかけるのは消費者が安い商品を求めるから。企業努力にも限界があり、価格を下げれば品質も下がる。それを防ぐには、消費者が食べ物の最低価格を知り、極端に安い食品は『おかしい』と思わないといけない」

確かに僕も、とにかく安い食品を買ってしまっているなぁ
棚に並んでたら安い方を手に取ってしまう

イジメている意識は全くないが、イジメていることになるのだろうか?

いや、だからと言って例のビーフカツの件と関連付けるのはおかしいと思うけど。
廃棄するはずだったゴミを売りつけるなんてモラルもなにもない行為を、消費者のせいにするな!

スーパーの惣菜も「白身魚のフライ」とか言って普通に置いてあるけどなんの白身魚なんだっていうね
でもあの謎白身魚フライ結構好きなんだよね
調べたら見た目がグロい魚なので店頭にはそのまま置けず調理して置いてあるんだってね

社食もどこの食材使ってるかなんていちいち見てないしな
自分が何を食べてるか分からず毎日食べてる
自分で作らない限り安心はできないね

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 安部司さんの「みんな大好き食品添加物」という本が面白いですよ。
    何故この世がこんなにも添加物まみれになったのか、それは安かろう悪かろうを求める消費者にも一因がある、というのがよく分かります。
    もともと自炊志向でしたが、さらに外食はしなくなりましたし、食材や調味料はちょっとくらい高くてもしっかりしたいいモノを買うようになりました。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そうですね食べるものには気をつけないとですね
      そういいつつカップ麺とかガンガン食べてますが(笑)

  2. ファン1 より:

    他のモノは安くても構わないけど体に取り入れるモノは良いモノを買うようにしてるよ。
    食物、化粧品、薬など。健康も資本だからね。投資家としてはソコ大事でしょ。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      そうですね。身体が資本です…
      僕の場合身体のことを考えるなら、いの一番に会社を辞めるべきなのかなと思います
      夜勤あり交代勤務労働者は10年以上寿命が常人より短いと聞きます…

コメントを残す