駐車場で暮らし、給料の9割を貯める

どうもよよよです

駐車場で暮らすGoogle社員が話題らしいです
僕も節約頑張っているつもりでしたが、ここまでは徹底できないですね^^;

会社の駐車場で暮らし、給料の90%を貯金するグーグル社員が海外メディアで話題 – IRORIO(イロリオ)

家賃の高さにうんざりして

彼の名はブランドン。米国のグーグル本社に勤める23才のエンジニアだ。

2014年の夏からインターンとしてグーグルで働き始め、友人2人と2ベッドルームのアパートをルームシェアした。しかし、グーグル本社のあるカリフォルニア州マンウテンヴュー・エリアの家賃は異常に高く、シェアしているにもかかわらず、月の家賃は1人あたり2,000ドル(約22万円)だったという。

「仕事で忙しく、ほとんど家に帰らないのに、こんな家賃を払うのは馬鹿らしい」と彼は考えた。

確かに家賃22万円は高すぎですね
シェアしてそれだと実際1人暮らしだとどれほどとられてしまうんでしょう

面白いのでソース記事本文をぜひ読んでいただきたいですが、まぁ福利厚生が整ったGoogleだからこそできそうな生活ですね

シャワーやトイレは、グーグル本社ビルの中にあるものを利用する。電子機器の充電も本社ビルでする。食事も社員食堂で。(グーグルの社員食堂は無料らしい)

へー、ここまで福利厚生があるのは羨ましい
確かにここまで整ってたら、暮らしていけそうですが…

正直、駐車場とはいえ僕は職場の敷地内で暮らすのは嫌ですね…
仕事終わったら職場からは離れたいです

僕の会社の福利厚生は、社員寮としょぼい社食くらいですからね
今時あるだけマシですが…
あまり会社に生活を依存しちゃうと足元みられそうな気がします
そこまで福利厚生が整ってるということは求めれられる仕事も大変なのでしょうね

しかし、よく考えるとただの住所不定の人なんですが、Google社員がやるとなんかイカス感じがしてしまいます

仕事で家に帰れないから車に住もうなんて、そこまでして仕事したいんでしょうか
ちょっと理解できないです

福利厚生よりなにより一番羨ましいのはその仕事へのモチベーションでしょうね

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。