アリ地獄なブラック企業の動画を見た

どうもよよよです

従業員の扱いに問題がある事が世間に広まってしまったアリさんマークの引越社ですが

労働組合がYouTubeにアップしていた抗議活動の動画を見ました

以下YouTube内の動画コメントの引用

仕事中の荷物破損や車両事故の損害を給与から天引きされたり、
借金として背負わされ、「アリ地獄」と揶揄される弁償システム。
長時間労働の一方で未払いの残業代。一方的に減額される賃金。
ブラックな労務管理を改善しようと勇気を持って
立ち上がった社員(34歳)が、プレカリアートユニオンに加入し、
交渉を開始すると、不当な配転をされ、「追い出し部屋」である
シュレッダー業務に異動させられた。
不当配転に対し、配転無効の確認を求める裁判を起こしたところ、
違法に懲戒解雇された上、「罪状」と書かれた名誉毀損の掲示物を
全支店に張り出された。懲戒解雇は撤回されたものの、
一切の謝罪も名誉回復もないため、懲戒解雇までの
一連の不当労働行為に対する損害賠償請求と、
名誉毀損に対する慰謝料の請求を追加した。

2015年10月1日に職場復帰を果たしたが、
「追い出し部屋」であるシュレッダー業務を強いられ、
名誉毀損の掲示物はむしろ増えているという有様。
会社に反省の色はない。
プレカリアートユニオンと上部団体の全国ユニオンが
会社の前で抗議行動を行い、昼休みに当該組合員の話を聞いた。

先日聞いた話より内容がひどくなってます

働いているのに少しでも失敗すると借金を負いかねない「アリ地獄」なシステムに加え、
未払い残業代もあったんですね
一部では有名だったようですが、よく今まで騒がれませんでしたね

本当に現代の話なのかと耳を疑ってしまいます

そして、解雇撤回され復帰したのにも関わらず「罪状」のビラは無くなるどころか増えていたと…

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ…と
ポルナレフのAAで表現したくなりましたが、不謹慎なのでやめておきます

もうブラックというか、ただの犯罪では?

この動画ですが、おっさんが甲高い声でキャーキャー言ってるのも不快ですが

そのあとのシュレッダーのゴミを捨てに行く男性の姿に涙を禁じえません
まじめにシュレッダー係やってるんですね

職場では針のむしろでしょうね
こういう時って休職なり有休なりってとれないんでしょうか
僕ならストレスでメンタルヘルス病院に通っているところでしょう

ところで、
シュレッダー係なんてひどい!と思ったが、よく考えたら俺もひたすらダンボールに製品を詰める係だった

仕事内容の程度的には似たようなものな気がする
まぁ、事情は全く違うけれども

俺の職場は最初から追い出し部屋みたいなものか(笑)

スポンサーリンク
オススメ記事
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。