アクセスランキング

ゆとりへのバッシングが強まっている?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

image

どうもよよよです

先日、某法律のできる行列相談所?とかいう番組で、ゆとり世代のこんな行動が許せない!というテーマが取り上げられたそうです

(言っておきますが僕は見てません)

それを見たゆとり世代の諸兄姉らが怒り心頭らしくネットで話題となっているようです

上の世代は失われた20年を社会人として生きてきた大変な世代とも言えますからね
ストレスが溜まっているのでしょう

番組で取り上げられたゆとり世代の特徴として
怒られるのが嫌、打たれ弱い
指示通りに動くが、自分から動くのは苦手
上司との酒はきっぱり断り、プライベート優先
という事が上げられていたようです

おいおい、俺は自己紹介を書き込んだ覚えはないぞ
当てはまりすぎ!
怒られるのが好きな人なんているの?

僕のような典型的なゆとり野郎はともかく、真面目に頑張っているゆとり世代にとってすれば怒りに震える内容でしたでしょうね

ちょっと悪目立ちしたら、ゆとりwwwと煽られ、かといって一生懸命頑張っている人も、意識高いねーwwwと馬鹿にされるのは納得出来ないのは良くわかります

しかしまぁ言わせておけばいいじゃないですか

それだけ言うからにはきっとやるべき事はやっているんでしょうから、上の世代の方々には頑張って世の中のために働いて、どんどん消費して頂きましょう

そして、私達の世代の特徴とも言える空気を読まない力「鈍感力」を駆使して、カネを使えという同調圧力、これはすべきだ、という旧態依然とした考えを華麗にスルー

そして、カネを貯め込んで必要な時に自分に必要なものだと思うものだけにカネを使い、人生の後半は悠々とした生活を送ればいいのです

こういう世代間闘争を煽る内容の放送を間に受けず、粛々と我々のやり方で生活していけば良いと思いますよ

イライラしたらブログを始めて、書きたい事を書けばいいです
ついでにセミリタイアも目指しましょう
ゆとりはセミリタイア向きだと思います

もっともっとゆとれ!若者たち!

関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. カトヒレ より:

    お邪魔します。カトヒレです。

    ゆとり世代に対する世間の評価は、確かに厳しめですね。

    私自身は、ゆとり世代には好意的な印象があります。

    私は、投資、節約、保険、ミニマリスト、みたいなネタのブログに食いつくんですが、そういうブログをやってる人のほとんどがゆとり世代です。中には突き抜けた人生感を持っている人もいて、尊敬すらしてしまいます。

    少し前、日経新聞にゆとり世代のことを「さとり世代」と言い換えて紹介していました。
    無駄なお金は使わずに、使うべきところにガツッとお金を使う。そんな紹介で、好意的でした。私も同意見です。

    よよよさん、自信を持ってゆとっちゃって、セミリタイヤしちゃってください。
    私も後に続きます。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      本当に色んな考えを持っている方がいて面白いです
      自分の幸せのために邁進する姿はカッコイイと思います
      まぁ正直僕含め怠け者も多いと思いますが…(笑)

  2. まあ周囲の意見など気にせずに自分のやりたいように生きるだけですね。
    そこにはゆとりも〇世代も何もありません。

    • jinseiyoyoyo より:

      コメントありがとうございます

      記事では偉そうに言ってますが、僕は割と人に影響されやすいので、毅然とした態度で生きて行けるようになりたいですね

コメントを残す